閲覧数73

平和に3月を迎えました。。


普通の人なら、普通に、死にたくないし、生き続けていたい、と思うはずです。

でも、その気持ち以上に我が国を命に替えて護ってくださった、ご先祖を忘れてはなりません。

ご先祖を慰霊のため、靖国神社や各地方にある護国神社に参拝し、現在のこの平和がご先祖の命と引き換えとなった平和であることをすべての日本人が心に留め、ご先祖に感謝するのは当然の事と思います。

靖国神社に参拝することをいちいちどうこういう近隣国がありますが、日本人が日本人のご先祖を参拝して何が悪い?本来ならそういう声に抗議するのが本来の日本のあるべき姿です。

私たちができることは、ご先祖が殺人鬼だ、強姦魔だ、といったご先祖を侮辱し、貶める反日を日本から排除し、ご先祖の名誉を回復させ、日本人が日本人らしく自分の国に誇りを持って、安心して暮らせる国に替えていく事です。

日本第一党 大阪府本部長 
山根呂浩

出典:日本第一党大阪府本部オフィシャルブログ